キングスウッズ犬舎出身のセントバーナード2頭と小さな家で暮す家族の日記です。2歳の男の子ジン(スムース)と1歳の女の子沙耶(ラフ)の成長の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様にはジンの事、ご心配頂きありがとうございました。
チャルミさんにアドバイスを頂き、
食事も、我家なりに考え変更しました。
動物病院の先生の言う事より、
みなさんのアドバイスはとても心強いです。

お蔭様で、ジンの体調は良好です。
4月28日でジンも3歳になります。

写真 005


私も今年で49歳と50目前となりましたが、
この歳で、この景気の悪い時に、4月20日をもって、
現在の会社を退職する事となってしまいました。
現在は仕事の引継ぎ中です。
そんな事でこの3ヶ月程は、
水曜日の休日をフルに使って、
就職活動も個人的な営業活動もやってきました。
ジンにはあまりかまってやれませんでした。
そんな時のジンの体調不良は、
私にとって一番大切なものを教えてくれた出来事でした。
5月からは新しい会社で、再出発です。
仕事は同じ不動産業ですが、
自分の能力は発揮し易い環境です。
この子達の為にも、頑張って働きます。
しばらくはブログはお休みさせて頂きます。
落ち着いたらまた再開いたしますので、
その時はまた、お付き合い願います。



スポンサーサイト
火曜日の夜ジンはいつもと変わらずでしたが、
夜2時からお座りしたまま、フセも出来ず、
暑くもないのに、ただ『ハアハア・ハアハア』
ベッドを揺らし続けます。
まるで夏の暑い日の様に・・・
ずっとお座りしたまま、お尻を少しづつずらして、
お尻を押し付けてきます。

何かあるのか?
調べてみても、何処が痛いという反応も無く、
私に出来る事は、
ただ撫でる事、話かける事、祈る事・・・
時々口元に水を運び、少しでも飲ませる事。
長い夜でした。
結局、朝までジンは座り続け、眠る事が出来ませんでした。
6時半頃にやっと庭に出て、
排泄が出来ました。
その後もハアハアを続けていましたが、
やっと8時から1時間程、寝てくれました。
峠は越えた様な気がしました。

9時から病院に行き診てもらいましたが、
呼吸に雑音が混じっている。
多少心臓が弱いのだろうが、
大事には至らないだろうとの事。
数日分薬をもらい帰宅。
大事に至らなくて、安心しました。

気持が落ち着くと、冷静に頭が働き、
獣医はセント=心臓が弱いとの先入観で、
理由が判らない為、話したに過ぎないと理解できました。

今朝のジンは多少疲れは残っているものの、
食事も出来、グッスリ眠っています。
つい忙しさに、ジンとのスキンシップが足りなかった為、
ジンがもっとかまってとサインを出しのでしょう。

ハアハア
これは落ち着いたジンの写真です。
改めてジンの存在の大きさを感じました。
今日は、夫婦共に安堵と共に、
脱力感を覚えながら、仕事に向いました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。